お見舞い申し上げます

 ...だからといってこちらが被害皆無だったわけじゃない、台風18号の影響はここだって受けてる。ただ河川氾濫や土砂崩れという古典的な災害がなかったというだけで、日本全体が高密度に組織化された現代、部分に何かあればその影響は可及的に全体に及ぶ。「風が吹けば桶屋が儲かる」「蝶の一飛びが地球の気候を変える」の類いに近いけれど、一触即発という言葉が現実味を帯びて迫って来る。「90年に一度」という些か理解に苦しむ台風の被害報道を見てると、庭木の一本くらい吹き倒されなきゃ申し訳ない気がしてくるけれど、こんな時代のお見舞いは被害の少なかった方が大きい方に伝える儀式の一種にも思えて来る。900シーベルトの被害者が1000シーベルトの被害者に向かって「お気の毒に」と言うように...
 とにかく今夕の函館元町の空はこんな具合だ。夕焼けが美しいと翌日は晴れるそうだ。
DSC_4246.jpg

カテゴリ

カテゴリ

ウェブページ