謹賀新年

 少し遅めだけれど、函館山の裾野に広がる歴史的町並みの一隅より、皆々様に新年のご挨拶を申し上げます。人生70年も重ねれば然したる感慨も湧かないのは仕方ないが、それより何より昨年暮れにひいた風邪がなかなかの強者で、結局年越しの寝正月になっていた。
 最近はまってる越前銘酒は多めに買い貯めしてあるし、紅白歌合戦に出場するという知人の息子を見るのも楽しみだ。それに年末恒例ボクシング3連発だって大変そそられる。そこで晦日夕刻、風邪など谷地頭温泉サウナで大量発汗すれば快癒するに違いないと出かけたのだが、しかしそれが失敗だった。結局、かすんで見えるテレビ画面横目に、黒龍でカズノコなど流し込んで早々と布団に潜り込んでしまった次第だ。
 であるから今年は年頭所感も初夢もなしである。願うとすればただただ国家的暴走のない事を祈るだけだ。そんな意味も含めて、ギャラリーは、新年正月「開運招福まねきねこ展」を開催した。役立たずというより詐欺師的でしかない凡百の政治家より遥かに有能な働きをした「正真正銘実績のある」まねき猫たちの出番というわけ。
 ついでながら、店主がテレビで見損ねたのは「さかなくしょん」のリーダー山口クンである。30年来の知人である木彫表札工芸家の子息である。父親の作品はギャラリーでいつも眺めてるけれど、もひとつの生きた作品を見そこねたわけで、どなたか彼の印象など知らせて頂けたらうれしい。ブログコメント欄は未だ運休中ですので、コメントいただける方はどうぞメールで直接  gmuraoka@ms6.ncv.ne.jp へお願いいたします。
DSC_7506.jpg