CHOSHIBEACH

 未だに馴染めないのが函館市椴法華だ。椴法華は市町村合併で函館市に併合されてしまったが、それまでは道南唯一の村であり独立した自治体だった。何かの理由があって合併したのだろうが、今やどちらにとってもお荷物状態。とりわけ誇り高い小粋なムラを目指してたオルレアン・川口さんにとって、さぞや悔しさと無念に満ちた毎日だろうとつい同情してしまう。その椴法華の対岸には青森県下北半島がある。言わずと知れた国家主導の原発半島だ。核燃料使い回しという見果てぬ夢に今も莫大なヒトとカネを注ぎ込み、手に入るのは大いなる不安と壊滅的汚染だけ、狂ったサルたちの最終章が20キロさきの対岸では進行してる...
 前置きが長くなったが、実はそんな椴法華で熱い血を滾らせている川口さんのブログが読めなくなっていた。訪ねると「ブログサービス提供終了」の張り紙が出てる。爆笑さそいつつ現政治体制に真っ向から立ち向かう彼のブログは「無料で読むのは勿体ない」ほどで、その多大な影響力を恐れた当局の介入かと店主は心配してたのだ。そうではなかった。先日当の本人が久しぶりにやってきたが、事業者の都合で新しい場所に移転したのだそうだ。ご存知の方も多いでしょうが、もっと多くの方々にお奨めしたいブログの新住所は choshibeach です。
画像は去年のチョーシビーチ。
DSC_3750.jpg