「川眞田弘藍型絵染展」

 すこし間が空いてしまいました。流行りのFACEBOOK(takeshimuraokaで検索して、スノーマンのマークです)に集中しておりましたが、しかしこのところ遠隔の地から「ブログ見てますよ...」とおっしゃるお客様が幾人か続いたもので慌てて立ち戻ってきた次第です。
 ただいまギャラリーでは「川眞田弘 藍型絵染展」が開催中です。藍の本場徳島の生まれ育ちで、今も拠点は徳島にありますが、函館というか大沼と言いますか、とにかくこの地の風景に魂を奪われた川眞田夫妻、年の半分は大沼公園駒ヶ岳山麓のアトリエ兼用別荘暮らしです。雪が降る前、ここで今年の新作を発表してから故郷におかえりになる生活を続けています。
 画像は作品展初日で、FMいるかのパーソナリテイから取材されてる作家です。取材が済んだと同時にギャラリーの電話がなり出し、出てみたら長野市のH田さんでした。番組はライブでして、それはインタネットで全国に流れてた様子、それをこれまた熱烈函館ファンのH田さんが視聴してたというわけです。「川眞田弘藍型絵染展」は10月23日まで開催してます。
DSC_0001.jpg