散歩道で

これは昨日の店主散歩道。明治7年、時のドイツ領事館のルードヴィッヒ ハーバーさんもこの辺りを散歩してた。着任早々で、故郷のシュバルツバルトを偲ん でたのかもしれない。この辺りで、あわれ反グローバリスト田崎某に斬殺されるわけだが、きっと秋の日を浴びて輝いてるこれらの樹々はその時の情景を記憶し てるに違いない。
DSC_0021 (1).jpg