大三坂の椿

夕闇迫る頃、坂下の小村酒店まで出かけた。角を曲がり、カトリック教会のすぐ隣になるのだが、途中に、関根陽太郎が設計したとされる洋館がある。かって、思想家が子供時代を過ごした場として有名で、今はもう何年にもなるが無人だ。玄関先を覆い尽くすように紫陽花が群生している。洋館のベイウインドウからはピアノ曲が流れ、おしゃれな元町を象徴する建物だったと聞いたことがあるが、立ち止まって見上げると分厚いレンガ塀の上から椿がいくつもの花を咲かせているのが見えた。
DSC_0004 (1).jpg